@マークぐるりん

外資系ITコンサルタントをしつつ武蔵野美術大学通信課程に通う記録

2018-Pe-41.【作品制作】MAKUAKE201812_宝石PJへ至る幕開け for 10年後にも残るノベルゲームを

2018年11月ノベルゲーム作品であり、SLG作品でもある「箱庭と鈍色の塔で iteration 1」を出した後、いろいろと考える事がありました。

 

個々人の力が伸長してネット上で様々な影響力を発揮する時代でもあるので、何かしら創ることを通じてきちんと名前を知ってもらいたいなと。というよりも名を知ってもらって、創ったものを手に取ってもらいやすくしたいなと。

 

その中で自分がどういう風につくることに向き合えるかというと、仕事にも通じる部分があると思うのですが人や物をオーガナイズすることかなと。

自分がよいと思うシナリオライターを、イラストレーターをサウンドコンポーザーを、様々な人間を集めて一つのチームに変えて、作品をつくることをプロデュースする。

 

そういう立ち位置に自分自身のロールを再定義して新たに2019年の活動を迎えようと考えています。

 

「箱庭と鈍色の塔で」はSLG+ADV作品という今まで作ったことのないジャンルでまだその1/3程度が完成しただけですが、やはりクオリティの高い物語性を担保しきるにはもっと多くの人材が必要だと思いいたりました。

 

その為、「塔」 のメンバではそのまま制作を続ける一方で、純粋にプロデューサーに徹してPJメンバを集め、「宝石」という作品をつくることを決めました。

 

宝石PJは2019年1月1日をPJ開始期間に定め、そこをターゲットに様々なスタッフを集め、制作に取り組んでいくことを決めました。

 
また来年2019年は早稲田大学公認サークルとしてのCIRCLE 四季凪が誕生してから10周年記念にあたり、記念碑となるべき作品をなにか作りたいという気持ちもありました。

f:id:kusuharyou:20181226175720p:plain

四季凪2018_塔から宝石へのバトン
内容

制作PJ「宝石」で大胆に人を募集するまで

場所

シェラトン都ホテル - バンブー

Volks

日時

11/18(日) 15:00-17:00

12/21(金) 13:00-14:15

補足 特になし
サマリ

 11月18日に大学時代のゼミの同期とシェラトン都ホテルのラウンジ・バンブーでお茶会をした際に、社会人らしく資金を存分に投入して好きにつくればいいのではという提案をうける

② 11月-12月にかけてプロのイラストレーターさんと契約する

③ 12月21日に同期含めたビジネスランチで、社内のチャンネル向けに大胆な人の募集を出すことを相談して背名を押してもらう。

④ 12月23日夜、社内のアートチャンネル向けにメール送信

 

〇メンバー募集についての覚書

下記は固有名詞、人名などフェイクを入れておりますが、基本的にほぼ全ては社内に向けてPJの制作メンバを募集する為に出したメールとなります。

 

ーーーーーーーーーーー

皆様

 

初めてメールを送らせていただきます。芸術創造チャンネル所属 樟葉 涼です。

 

今回は芸術イベントのお知らせではなく、プライベートな創作PJへの参加メンバ募集となります。

 

発端としては以前、芸術創造チャンネル長にイラストレーターさんを紹介していただけないものか相談したところ、

200名+が所属するメールグループへと話をもっていけば面白い展開になるのではないかというアドバイスをいただきまして、

今回のメールを書かせていただきました。

 

音楽会やツアーなど様々な芸術家の創り上げた作品を見て、聴いてというイベントを様々な方が主催され、ゲストのアーティストの方が様々な信念や理念、作品背景をお話される中、やはりそういうものを見て、聴いて、どこかで自分も誰かに誇れるものを創ってみたいと思う事が多々ありました。

 

同じ思いの方がもしいらっしゃれば、ぜひこの繋がりの縁で作品を作り上げてみませんか?

 

▪️目的

ノベルゲーム形式のゲーム開発プロジェクトのメンバ募集 ―「宝石PJ」

   (同形式:各種 乙女ゲーム、ひぐらしのなく頃に、Fate Stay Night)

 

▪️募集期間

  2018年12月23日~2019年1月15日

 

▪️報酬

完成した作品自体の引き渡し/クレジットへの明記はお約束可能ですが、基本的には余暇時間を利用したボランタリーベースでの依頼となります。

 

▪️背景

大学時代、ノベルゲーム自体はちょこちょこと作っていてコミケに出たりもしたのですが、知人友人の協力でできるレベルのものでした。

平成も終わりとなり、社会人としてではなく個人として世の中に何らかの価値をもたらしたり本気で新しい事、自分自身で創りたいものへ取り組む為に

武蔵野美術大学の通信課程に入学したり、このPJの為に既に自己資金を投下してプロのイラストレーターの方などと契約しています。

また、主題歌についてもそれなりに名の知れた方に依頼をするべく調整中です。

 

クオリティにこだわった作品を仕上げたいと考えており、かつノベルゲームも細部に拘ろうとすると多くのヒト・モノ・カネが必要になってきますので、

特にヒトの部分について沢山の助力を得られたら大きな力にできると感じています。

 

過去コミックマーケット、コミティア、文学フリマ、M3、デザインフェスタなど様々なクリエーションイベントに関わってきた方、

今もなにかしらのカタチでアートに創作として関わっている方。在りし日創作に向き合っていたハートに火をつけて再度燃え上がらせたい方、

是非、是非にご応募をお待ちしております。

 

知り合いなら紹介できるよという方でも歓迎ですので、少しでも興味が出てきたという方は詳細な資料を下記からご覧下さい。

また質問なども受け付けておりますので、ご連絡いただけますと幸いです。

 

▪️各種参考情報

資料

┗【Recruitment】JeweryPJ_Member_v1.00.pdf

┗虹色宝石譚プロット.pdf

 

▪️ロールへ応募してみる

Google Form 

 *人数が見えない為、応募者が多い場合は大変申し訳ございませんがお断りさせていただくケースがございます。

 

▪️メインクリエイターは下記となります。

 また、主宰している制作チームはこちらです:@ArtShikinagi

 複数のロールへの応募も可能です。

 

▪️募集ロールはこちら

●クリエイター系

 

 背景イラストレーター       

1

 チーフ背景イラストレーター

1

 動画クリエイター            

1

 サウンドクリエイター         

1-3

 Web漫画家(4コマ可)  

1

●デザイナー系

 

 UX Designer                        

1-2

 Editorial Designer     

1

 Web Designer                     

1

 Logo Designer

1

●サポート系

 

 ファンドレイザー          

1

 美術設定監修(アンティークショップ)

1

 広報/Digital Marketing

1-2

 Web開発者

1

 その他

若干名

 

 

 

www.shikinagi.work

 

 

www.shikinagi.work