@マークぐるりん

外資系ITコンサルタントをしつつ武蔵野美術大学通信課程に通う記録

2018-Pe-39.【作品制作】Arts Of Shikinagi | 四季凪について

今回は新しく立ち上げたサークルである「Arts of Shikinagi」について紹介と経緯などを話させていただければと思います。

 

かつて、2007年私は早稲田大学の学生だった頃に、大学サークルとしてノベルゲームや文芸誌を創作する為の「早稲田大学文芸創作CIRCLE 四季凪【ノベルゲーム/TRPG/ラジオドラマ/文芸イラスト】」を立ち上げました。

 

2009年に早稲田大学の非公認サークル(無銘サークルから1歩前進)になったり、2011年に早稲田大学の公認サークルになって、そのあとしばらくして日芸の方に進出をしていったりなど動きがありますが、ここで改めてある種ライフワークでもあるかもしれない「四季凪」「Shikinagi」について語ろうと思います。

 

◇◇◇目次◇◇◇


     〇【Arts of Shikinagiを立ち上げる切っ掛け】

f:id:kusuharyou:20181226180942p:plain

Arts Of Shikiangiとは何か

f:id:kusuharyou:20181226181109p:plain

四季凪の年譜


来年はCIRCLE 四季凪が大学サークルとなってから10周年です。その間に多くのOBOG達が卒業して、社会に出ていきました。
 
しかし、やはり社会人になると多くのメンバが忙しさから創作の道からは離れていってしまうというケースが多々ありました。
 
私自身、ここ最近までは創作からはほとんど離れて読む専、ないしは見る専になってしまっていました。
 
そんな中でも創作を行っている人はいて、世代交代を繰り返していく学生たちも旺盛にノベルゲーム作品や文芸誌を作り出して世に出していたりして、そんな様子を見ているととっくの昔に炭になっていたように思えた創作欲に火がついて、主に四季凪のOBOG達からなるArts Of Shikinagiという組織を立ち上げていました。
 

f:id:kusuharyou:20181226181429p:plain

Arts Of Shikiangi | 四季凪のこれからの3年間
私は何かに取り組む際には自分の考えをまとめるためにも資料をつくることにしています。ぼんやりと立ち上げる組織について思い浮かべながら作っていったのがこちらのスライドでした。
 
四季凪のOBOG達で、学生時代を懐かしんでもう一度作品をつくろうというのではあまりにも面白みにかけるなという想いがそこにはありました。
 
もちろん、ノスタルジアに浸って昔ながらのメンバでまたつくるというのも一興でありますが、社会人になり周りの環境が変わる中で、その変化をいい方向に取り込みたいと思ったことから、積極的に様々なバックグラウンドの人間を招こうと思ったことも確かです。
 
内容

Arts of Shikinagi | 四季凪のOBOG組織とはまた異なる組織

場所

NA

日時

NA

補足 特になし
サマリ

 Arts Of Shikinagi | 四季凪はCIRCLE 四季凪の卒業生、OBOGを中心としつつも様々なバックグラウンドの方を受け入れて作品をつくる組織

② 学生時代に創作サークル、文芸サークル、映像サークルといった団体に所属していても社会人になってから辞めてしまう人が多い

③ ノベルゲームもつくるけれども、単なるノベルゲームではなくストーリーゲームを創りたい。それはSLGやRPGでも同じ。

 


     〇Arts Of Shikinagi | 四季凪でつくるということ

f:id:kusuharyou:20181226181805p:plain

Arts Of Shikiangi | 四季凪の創作物

f:id:kusuharyou:20181226181904p:plain

ノベルゲームではなくストーリーゲームを創る

f:id:kusuharyou:20181226182137p:plain

創ることの楽しさを伝えたい

 

f:id:kusuharyou:20181226182202p:plain

10年後に残る作品を by Arts Of Shikinagi | 四季凪

10年後、あなたは何をしていますか。10年前、あなたは何をしていましたか。

10年という時間はたくさんの変化を私たちにもたらします。

 

そこでは10年前に隣にいた人はいないかもしれない、一方で10年前にいなかった人が10年後にはいるかもしれない。

 

様々な変化、ライフスタイルの変化。そうした折々の節目で手に取った作品を私たちは案外忘れないものです。

 

大変だった頃に、そういえばこれを読んだな。絶好調の時に、そういえば、これで笑ったな。

 

そんな、ひととき、物語として寄り添える作品を私たちは創りたい、そう考えています。

 

 現在は、「虹色宝石譚」というノベルゲーム作品を制作しております。

www.shikinagi.work

www.shikinagi.work

 

興味のある方は、上記のブログ記事や下記サイトにて最新情報が紹介されています。

http://shikinagi.jp