@マークぐるりん

外資系ITコンサルタントをしつつ武蔵野美術大学通信課程に通う記録

2018-Pe-07. Part.5 ムサビ通信の入学にあたって、これからのためのあいさつ

社会人として、明確な意識を以て大学に通おうと思っている為

3点ほど自分なりのけじめをつけて、世の中に表明しておこうかというものがあります。

 

f:id:kusuharyou:20180503223956p:plain

 

 

①作品を5作品/年のペースで完成させる。

②webでの活動公開の実施

③創作をする人間としての何らかの立ち位置の確立

 

①作品を5作品/年のペースで完成させる。

⇒課題を着実にこなしてポートフォリオを充実させます。

 

自分自身が作りたいもの。明確な形を以てこれを作りたいというものが今はゲーム作品

しかありませんが、他方でもう少し美術・アート的な情報をinputすることが出来れば

作りたいという作品の種みたいな着想はあります。

 

自分自身が物語に向き合うときに根本的なテーマとしたいものは

「待ち望んだ先にある笑顔」です。

 

一方で芸術に向き合うときに根本的なテーマとしたいものはまだ見いだせておらず、

創作の種のようなアイディアがあるだけなので、これらを自分なりに昇華させていきたいと、

昇華させる術を見つけたいと考えています。

 

「海で刻まれた時間」「都市が植物のように生成する過程」「つながらないものをつなげる」

 

通信課程に入学し学ぶ数年間、自分自身の磨けていない部分を磨き何らかの武器に

研ぎあげて卒業したいと考えています。

 

②webでの活動公開の実施

⇒このブログがその拠点となりますが、同時にポートフォリオとして活用していきます。

 

いま大学時代の知人たちと共に手掛けているノベルゲームの完成と広報をまずは目的として

利用していきますが、そのほか入学してから作っていくであろう様々な作品たちを公開し、

知っていただく為の場として用いたいと思います。

 

③創作をする人間としての何らかの立ち位置の確立

⇒ 前述した表明事項と同様にweb上での交流が生まれたら嬉しいです。

 

創作は一人で行うものという考えもありますが、創作を行っているとき以外の場で交流し

議論を交わし、磨かれるものもあると考えています。

 

武蔵野美術大学の通信課程に通う方々やアートや美術に関する活動をされている方々と

交流できたら幸いです。

 

結びに。

 

美大への進学の意思を固めたと同時に、このブログを始めた理由は人生の中で創作に

リソース配分を増やす為の土壌づくりであり、その目的は過去の創作物と現在進行系で考える諸々、

それから未来で創作するモノたちを相互に関連付けして、

一つの文脈として整理することにあります。

 

では、またどこかの空の下で。